不動産屋への問い合わせが先決


不動産屋への問い合わせが先決
何かしらの情報源から知った物件の詳細を聞くために不動産屋へ連絡をする時には、電話で対応をしている従業員の態度にも注目をしましょう。
丁寧な対応かどうかを慎まずは見極めて、あまりにもいい加減な態度をとってくるようでしたら、その不動産屋の利用は避けた方が無難です。

今ではインターネットを利用する人が多いことから、不動産屋も自社のサイトを公開しているケースが多いので、不動産屋選びの参考になることでしょう。
不動産屋についての掲示板サイトや口コミサイトなどもありますので参考資料として見ておきましょう。賃貸情報雑誌やインターネットで理想の物件を探し当てたら、すぐに担当の不動産屋へ電話をしてください。
その情報をどの情報誌で見たかを伝えて、実際に下見をすることが可能なのかを聞きましょう。 賃貸が経済的にお得と言われていますが、それでも利便性の良い都心部などではかなりの賃料が必要となります。
しかしそんな高額賃料の賃貸物件の中でも掘り出し物と呼ばれているお得な賃貸物件が探せばきっとあります。



不動産屋への問い合わせが先決ブログ:2020-1-20

ボクは人に近づくことがすごく苦手なタイプです。
小さい頃から友人を作ることが苦手でしたし、
転校など環境が変わるといつも孤立してしまいました。

好きな人が出来ても近づけない…
好きな人に上手く自分を表現できない…
会社の上司にも距離を感じてしまう…
大人になれば父母とも何かしら距離を感じる様になる…

どうしてボクは
いつもいつも人との距離に悩み苦しんでいるんだろう?
どうして人と人の間には距離が出来てしまうんだろう?

そんなボクには
現在二歳になる男の子がいます。
男の子にも近所の友人や
公園での友人が出来てきました。

だけど彼らを見ていると
人と人との距離なんて、感じている様は見えません。
もちろんボクや妻に対しても、いつもあるがままでいます。

親父やお母さんだけでなく
道で出会う見知らぬおばさんにも微笑みかけています。
男の子はまだ人との距離をちっとも感じずに暮らしているのです。

ずーっと昔の自分を思い返せば、
ボクにもそんな時代があったような気がします。

お母さんに連れられ街を歩いていても、
電車に乗っても、バスに乗っても、
周りの大人は皆んな優しく微笑みかけてくれている。
そんな風に感じていた頃がありました。

何か困った事があったら誰かが助けてくれるし、
泣いていたら誰かが駆けつけてくれる。
デパートの店員さんはいつも笑っている。

その頃、ボクは周りの誰とも距離を、
感じてなかったように思います。
どこに行っても
ありのままの自分でいられた様に思います。

そして街にも電車の中にもお店の中にも、
優しい人しかいない様に感じて生きていました。

でも…
大人になった今、街角はおろか、
一緒に暮らしている大切な妻や男の子にも
距離を感じることすらあります。

なぜなんでしょう?

不動産屋への問い合わせが先決

不動産屋への問い合わせが先決

★メニュー

不動産屋への問い合わせが先決
収入の3分の1以下に家賃は抑えよう
物件の下見は細かく実施しよう
物件探しは様々なチェックポイントがある
賃貸物件でのトラブル連絡先
賃貸契約の前に大家さんが審査を実施
賢く引越しをするためのコツ
最も大切な賃貸物件探しの注意点
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約には物件全体を細かく確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)見逃せない賃貸完全情報ステーション