賢く引越しをするためのコツ


賢く引越しをするためのコツ
新しい住居への引越し日が決まったら、その日までに使用をすることの無いものから徐々に片付けていきます。
不燃ゴミや粗大ゴミは各自治体のルールに従って計画的に処分し、新聞の宅配を停止したり、クリーニングの品を引き取ることも忘れないでください。

全てを引越し業者に頼むのではなく、貴重品は当然のこと、すぐに使用をする清掃用具などが自分で運ぶようにするとスムーズな引越しができます。
荷物の出し入れを行う時には、新居や旧居に傷をつけることのないように慌てず慎重に行なってください。もしも引越し業者に依頼をしようと考えているのでしたら、早い段階で見積りをもらっておくようにしてください。
そして今現在賃貸住宅に住んでいる場合におきましては、退去する旨を管理会社に早めに伝えておき、電気やガス会社にも連絡をしておきましょう。 現在ではインターネットの普及によって、わざわざ不動産屋まで出向くことなく自宅で賃貸物件探しをすることが出来ます。
実際に不動産屋で相談をしながら物件探しをするのも一つの方法ですが、その前にインターネットのご利用をオススメします。



賢く引越しをするためのコツブログ:2019-3-17

シェイプアップしようと考える方は少なくないようですが、
同時にシェイプアップに挫折してしまう人も多いようです。

シェイプアップしようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

シェイプアップというのは、
ご飯制限があったり、体操をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だからシェイプアップは、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激なシェイプアップをしなくてはならなくなります。
極端にご飯制限してしまうとか、過激な体操をするとか…

かく言うわたしも一度、
シェイプアップで失敗してしまった経験があります。
わたしの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構なご飯の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

またシェイプアップには体操だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から体操をやっている人なら
それほどきついシェイプアップメニューではないかもしれません。

ところがわたしは、
今まで体操をほとんどやったことがありませんでした。

からだにかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくりシェイプアップするようにしました。
そのときのわたしは、ちょっと無理をしていたようです。

わたしのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。

賢く引越しをするためのコツ

賢く引越しをするためのコツ

★メニュー

不動産屋への問い合わせが先決
収入の3分の1以下に家賃は抑えよう
物件の下見は細かく実施しよう
物件探しは様々なチェックポイントがある
賃貸物件でのトラブル連絡先
賃貸契約の前に大家さんが審査を実施
賢く引越しをするためのコツ
最も大切な賃貸物件探しの注意点
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約には物件全体を細かく確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)見逃せない賃貸完全情報ステーション