物件の下見は細かく実施しよう


物件の下見は細かく実施しよう
不動産屋でお世話になっている担当者と一緒に下見へ行く時には、細かな所までメモをしながらしっかりとチェックをしていくようにしてください。
このメモ書きをすることによって入居する場合に、事前に家具の配置を決めておくことが出来ます。

自宅を仕事場にしたりなど一般的な家庭と比較をして多く電気を使用する時には、容量のチェック、そしてコンセントの配置なども下見で調べておくようにしてください。
特に古い建物の場合におきましては、低い容量となっていることがあるのでご注意ください。後々トラブルが起こらないためにも、現地調査をする時には部屋の隅々まで確認して破損や汚れなどが無いか確認してください。
もしも破損等が見つかった場合は、入居までに修理をしてもらう必要がありますので、細かく確認をしましょう。 非常に残念なことなのですが、物件探しをしてる人を狙った悪質な不動産業者が最近になって増えてきています。
中には免許も持たないで賃貸物件の紹介業をしている悪徳業者もありますので、注意が必要です。



物件の下見は細かく実施しようブログ:2019-7-24

皆様は、10時何を飲みますか?

「目覚めのコーヒー!」という声が聞こえそうですが…
ぼくは日本茶が大好きで、
食パンを食べてもお茶を飲んでいるんです。
ちょっと変かしら?

もちろん紅茶やコーヒーも飲みますよ。
でも日本茶は飲まない日がないくらい、
24時間に何杯も飲んでいます。

きのう、お仕事でご一緒した静岡出身の方に伺ったら、
どんな日でも10時起きたら、まずは日本茶を1杯飲むんですって。

まずは1杯のお茶でからだを目覚めさせ、
それから何かをクチに入れて出勤されるとか…

昔から
「10時茶はその日の難逃れ」とか
「10時茶に別れるな」
「10時茶は三里行っても飲め」
「10時茶は七里帰っても飲め」…など
10時にお茶を飲む教えって、
日本にはたくさんあるんですよね。

お茶に入っているカフェインで頭をすっきりとさせ、
24時間が気持ちよくスタートできる…

そうすると、その日24時間仕事もはかどり、
面倒なく過ごせるということです。

お茶を使った言葉でもう1つ…
「へそで茶を沸かす」
なんか笑っちゃう言葉でしょう?
お腹がよじれるくらいに笑う、
おかしくてたまらないことなんですよね。

お茶にまつわる言葉がたくさんあるように、
日本人には馴染み深い飲み物、それがお茶なんですね。

ペットボトルのお茶が出回っても、
心もからだも癒してくれる
あの独特の香りと爽やかさはなかなか味わえません。

お茶の入れ方がわからない人もたくさんいるとか…
難しい作法があるわけではありません。
忙しい日々でも、
おいしいお茶を飲んで、ホッと一息いれてみましょうよ!
物件の下見は細かく実施しよう

物件の下見は細かく実施しよう

★メニュー

不動産屋への問い合わせが先決
収入の3分の1以下に家賃は抑えよう
物件の下見は細かく実施しよう
物件探しは様々なチェックポイントがある
賃貸物件でのトラブル連絡先
賃貸契約の前に大家さんが審査を実施
賢く引越しをするためのコツ
最も大切な賃貸物件探しの注意点
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約には物件全体を細かく確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)見逃せない賃貸完全情報ステーション