良い物件は広告を出さなくても埋まる


良い物件は広告を出さなくても埋まる
不動産屋が本当にオススメをしたい物件というのは、何も賃貸情報誌に掲載する必要は無いのです。
あまり知られていないことですが、そのような物件は不動産会社の2〜3番目のオススメ物件となるのです。

貴方が望んでいる賃貸物件を見つけるのに最適な方法は、不動産屋から直接貴方に声をかけてもらうことです。
それは不動産屋の担当者と顔見知りになってある程度日常会話が出来るくらいの仲になっておくことです。よく賃貸物件雑誌などに「オススメ!」などと書かれていますが、実はそれは大きな間違えの時もあります。
しかし実際には本当に人気がある物賃貸物件というのは、広告をに掲載をしなくてもすぐに埋めることが出来るのです。 地方ならまだしも、東京や大阪などといった都会では、家賃の高さからどうしても妥協をしなければいけないことがあります。
しかし良い不動産屋と出会うことによって、驚きの家賃で素晴らしい賃貸と出会うことも出来るのです。



良い物件は広告を出さなくても埋まるブログ:2019-3-17

大人になるとほとんどの人が、
24時間の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さな息子がいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる息子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
ボク達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さな息子に対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという妻に…
いつもいつも自分を誘ってくれる友人に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと妻や息子と過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ息子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
ボクのこころ片隅には、
「ボクは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

ボクはこれから息子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

嗚呼,気分爽快
良い物件は広告を出さなくても埋まる

良い物件は広告を出さなくても埋まる

★メニュー

不動産屋への問い合わせが先決
収入の3分の1以下に家賃は抑えよう
物件の下見は細かく実施しよう
物件探しは様々なチェックポイントがある
賃貸物件でのトラブル連絡先
賃貸契約の前に大家さんが審査を実施
賢く引越しをするためのコツ
最も大切な賃貸物件探しの注意点
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約には物件全体を細かく確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)見逃せない賃貸完全情報ステーション