収入の3分の1以下に家賃は抑えよう



収入の3分の1以下に家賃は抑えようブログ:2019-3-02


減量を思い立ったときに、
極端に食べる事を減らしたり、
偏った栄養素を摂取したりする方法を選ぶ人は
結構多いようですが…

誰しも激しい空腹に耐えうるほどの精神力を
持っているわけはありませんので、
大半の人は挫折してリバウンドします。

度を越した食べる事制限を続けていると、
拒食症・過食症などの摂食障害を、引き起こす可能性もありますので、
24時間に最低限必要な栄養素は摂取するべきなんです!

僕自身、過去に少々過度な食べる事制限をした経験がありますが、
健康障害を生じるほどではなかったにせよ、
低血糖状態で24時間中頭がぼーっとしていました。

確かに体重はふた月で1`ほど減りましたが、
やせるというよりやつれた感じで、周りの人から心配されるほどでした。

経験上からもいえることですが、
より整ったスタイルにするための減量が、
健康を害するリスクを負いながら、
みすぼらしくやせても何の意味もありません。

人間のからだは極端にエネルギー摂取が減ったときに、
飢餓状態に備えて代謝が落ち、脂肪をあまり燃やさなくなるそうです。

そして、わずかな食べる事からも
脂肪を貯めこんでしまうので、体脂肪は減りません。

さらに極端な食べる事制限をしていると、
からだは摂った食べる事から最大限の栄養素を吸収しようとしますので、
以前と同じ量の食べる事に戻しただけで太ってしまうのです。

極端な食べる事制限をしている間は、
空腹によるストレス状態が続いているので、
その反動から食べる事制限をする前よりも
食べる事量が増えてしまうことが多いようです。

結局、極端な食べる事制限ではやせにくいからだになった上に、
食べる事量が増えてしまう危険性がありますので、
激しい空腹を我慢する割には、なんにも良いことがないんですよね。

収入の3分の1以下に家賃は抑えよう

収入の3分の1以下に家賃は抑えよう

★メニュー

不動産屋への問い合わせが先決
収入の3分の1以下に家賃は抑えよう
物件の下見は細かく実施しよう
物件探しは様々なチェックポイントがある
賃貸物件でのトラブル連絡先
賃貸契約の前に大家さんが審査を実施
賢く引越しをするためのコツ
最も大切な賃貸物件探しの注意点
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約には物件全体を細かく確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)見逃せない賃貸完全情報ステーション