賃貸契約の前に大家さんが審査を実施

大家さんが賃貸契約の前に行う審査の時には、不動産屋の担当者からの意見も参考にされることとなります。
つまり不動産会社の方も大家さんの代理ということになるので、物件探しの時に担当者に悪影響を与えないようにすることも大切なのです。

 

入居をする審査が開始され始めてから、実際に契約が完了するまでは、10日前後となりますが、簡単な審査を行なっている大家さんの場合には一日二日で終わることもあります。
審査をパスすることが出来たらいよいよ契約となりますので、現在の住まいの退去の段取りも済ませていきましょう。入居の契約をする前に、必ず物件のオーナーである大家さんが入居審査を行います。
大家さんにとりましては、部屋を安心して貸すことが出来る居住者なのかをこの審査によって決めることになります。 いつでも気軽に引越しをすることが出来る賃貸というのは、一人暮らしの人だけではなくファミリータイプも多くなってきました。
最初は賃貸で生活をして貯金をしていき、最終的には一軒家を購入するという人生設計をしている人も多いのです。



賃貸契約の前に大家さんが審査を実施ブログ:2019-5-20

娘には
連日必死に戦っているものがある。
それは「重力」である。

人間が成長するということは、
実は重力との戦いに他ならない。

娘は血液を増やすことでこの重力に打ち勝って、
二足歩行が可能になるようにさせているのである。

娘は疲れるとすぐに寝っ転がるものだが、
これは寝ることで血液の増産を促して、
重力に対抗できるようにするのだ。

親にとってみれば
娘が起きているのに
寝っ転がるということは見苦しい姿なのだが、
娘が寝っ転がることを否定してはならない。

娘は必要だからやっているのであって、
それを禁じてしまうと娘は血液不足になって、
重力に打ち勝てなくなってしまう。

人前では礼儀正しくすることを教えるべきだが、
自宅でなら多少の無礼を許しておくべきなのである。

裕福になると、
どうしても礼儀作法にうるさくなるために、
娘が寝っ転がることを禁止してしまう…

しかしそのようなことを繰り返していると、
娘は深刻な病気を患ってしまい、
その治療は困難を極めてしまうことになる。

裕福な家庭の子供に難病奇病が多いのは、
この重力との戦いを無視しているからなのである。

お母さんはまさか我が娘が
重力と戦っているとは解らないものだ。

重力は目に見えないために、
我が娘が寝っ転がることで血液を増産し、
それで重力に打ち勝とうとしていることなど理解しにくい。

しかしそれをやらずに
立ちっぱなしや座りっぱなしにしていると、
血液が不足してしまい、病気になってしまうのである。

我が娘を健康にさせたいのなら、
重力から解放させ、血液を増やす機会を多く設けてあげることが大切!

それをお母さんがきちんと配慮してくれるからこそ、
娘は健康に育つのである。